岐阜・愛知・三重の人材派遣、人材紹介、アウトソーシングは
TACTビジネスパートナー

ニュース NEWS

ニュース

  • 2014/07/15

    第9回 BP通信~人と仕事とあなたと私~

    皆様こんばんは!タクトビジネスパートナーです。

    台風も過ぎ去り夏が本格化!子どもたちはそろそろ夏休みに入ろうかという時期で、

    本日はユニバーサル・スタジオ・ジャパンでハリー・ポッターの新アトラクションオープン!と、あちこちで行楽シーズンを迎える準備が整ってきていますね!

     

    そんな今日は、「ワークライフバランス」をテーマにお話ししようと思います。

    「19時に帰ったら、全てが変わった。」株式会社ワーク・ライフバランスの代表取締役 小室淑恵さんの言葉です。

    終電まで仕事をして、深夜に帰宅する生活が当たり前だった頃から、

    上司に叱られ、19時に帰るようになったことで、生活が一変。

    机に向かってひたすらアポ取りをするよりも、外に出て人との交流を持つことで

    仕事にも良い影響を及ぼしたのです。

    そして、「産休を経て職場復帰した女性たちが、長時間労働により辞めてしまうのは勿体ない!」と企業を決意し、

    今も二人のお子さんを育てながら会社経営をしていらっしゃいます。

     

    長時間働くことが全てではなく、ワークライフバランスの自分に適した黄金比を見極める。

    ただカンヅメになっていては頭も固くなってしまいます。

    それにより、より「自分らしい」生活を送ることができるのです。

    仕事選びの次は仕事と、生活のバランスを意識して、

    自分の人生は自分が主役。自分らしく生きることが第一です!

  • 2014/07/08

    第8回 BP通信~人と仕事とあなたと私~

    皆様こんばんは!タクトビジネスパートナーです。

    今週末にかけて大型の台風、100年に一度の雨が沖縄では降っているということですが、

    東海地方への影響はどうなのでしょうか。もうすぐ梅雨明けだというのに、最後の追い打ち!といった感じですね。

     

    さて、今回は「非正社員の雇用」がテーマです。

    「2014年度の雇用動向に関する企業の意識調査」(帝国データバンク)によると、

    2014年度の非正社員雇用を考えている企業は、なんと47.7%。

    約半数が、正社員以外での雇用を考えている、ということなんです。

    その中には契約社員やパート、もちろん派遣社員も含まれ、年々この数値は上昇してきています。

    特に、慢性的に人手不足になりやすい「飲食業」「小売業」では、8割を超える企業が非正社員の雇用をあると回答しており、

    更に、将来的に正社員を確保するためにまずは非正規で、という考えの企業も少なくはありません。

     

    このような日本の現状で、どのような働き方を選ぶか。選択肢は様々です。

     

  • 2014/06/30

    第7回 BP通信~人と仕事とあなたと私~

    皆様こんばんは!タクトビジネスパートナーです。

    早いもので、2014年も今日で半分が過ぎました。

    上半期は様々なニュースが駆け巡りましたが、下半期は一体どんな半年間になるんでしょうね!

     

    さて、今週は「派遣ではたらくということ パート2」をお送りします。

    今週のキーワードとしては、「全ての人が正社員で働きたがっているわけではない」ということなんです。

    自分自身が望むライフスタイルを実現させるために、日雇いの仕事を選ぶ人もいれば、アルバイトでの生活を選ぶ人もいる。

    家庭に入る人もいれば、もちろん、正社員で働く人もいます。

     

    その選択肢の一つとして、「派遣」という働き方を選ぶ人もいるんです。

    派遣で働くメリットは先週お話しした通り、「企業」という一つの枠にとらわれずに働けるということや、自分のわがままが言えるということ。

    デメリットとしては、安定性のない「派遣」であるということ。

    そのメリットデメリットを考慮した上で、派遣ではたらくというのも、一つの選択肢と言えるでしょう。

     

    社会の型にとらわれず、自分の好きな生き方で、好きな様に働く、

    そんな人生も、ありじゃないでしょうか。

  • 2014/06/16

    第6回 BP通信~人と仕事とあなたと私~

    皆様こんばんは!タクトビジネスパートナーです!

    最近は突然の雷雨があったかと思えば梅雨とは思えない晴天であったりと、

    気まぐれお天気に振り回されている毎日です。

     

    さて、そんな今日は「派遣ではたらくということ パート1」と題してお話しをさせていただきます。

    正社員ではなく、派遣で働くメリットとは。派遣で働く一人の女性からの意見ではこういったものがあります。

     

    「年功序列・男性優位の『正社員制度』の元では自分らしく働けない」

    「派遣は、スキルアップが時給アップにダイレクトに繋がる」

    「仕事内容や時給、残業時間、職場環境などについて、かなりワガママを聞いてもらえた」

    「安定と引き換えに、一日の大半を過ごす仕事の場が我慢ばかりにならなかった」

     

    まさに、派遣で働くメリットとはこのことでしょう。

    正社員という安定した仕事ではありませんが、その分自由に人生を送ることができる。

    勿論安定を望む人も多いでしょう、(なんたって日本人ですから)しかし、一度しかない人生を楽しんで自由に生きる、それも人生の大きな選択肢の一つではないでしょうか。

    来週は、「派遣ではたらくということ パート2」をお送りします。

    H26.6.16

     

  • 2014/06/09

    第5回 BP通信~人と仕事とあなたと私~

    皆様こんばんは!!タクトビジネスパートナーです。

    先日、いよいよ東海地方も梅雨入りしましたね!

    岐阜は、特にじめじめした暑さが特徴の地域ですから、この時期は色々と大変ですね…。

     

    さて、第5回は「家事代行サービス」について、お話ししていこうと思います。

     

    料理、掃除、洗濯。家庭の主婦が行っている「家事」。今これを外注する動きが広がりつつあります。

    しかし、家事代行と聞くと、裕福な家庭が雇うハウスキーパーのイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

    確かに、以前はそういったものではありましたが、今はそういったぜいたく品ではないと考えられています。

    家事代行の主なユーザーは、共働きの世帯や高齢者に加え、単身者、それも働き盛りの独身男性だけでなく、就職や進学で一人暮らしを始めた子供を心配して、親が依頼する例も多くなっています。

    その逆に、高齢の親を心配して子が依頼する例もあり、いわゆる「贈答用」での活用が多いのです。

     

    帰宅して部屋が片付いている安心感。離れて暮らす家族を思いやる気持ち。そういったことから、今の「カジタク」サービスが広がっているのでしょう。

     

    H26.6.9

     

TACTビジネスパートナー
株式会社タクト経済研究所

〒502-0802
岐阜市打越546番地の2